Créer mon blog M'identifier

緑色 レーザー クラス 安全 に詳しい方お願いします

Le 11 septembre 2017, 10:44 dans Humeurs 0

緑色 レーザー クラス 安全 に詳しい方お願いします。
200mwのグリーンレーザーを持っています。
購入当初は壁に当てると、一点だけ照射されてたのが、
今は照射されてる点の周りにグリーンのレーザー光が
斑に?映ります。

レンズの汚れでしようか?
ポインターに調光等はついていません。
調べてもわかりませんでした。
購入して2ヶ月位です。購入当初より光量もよわいです。
斑模様は治るんですかね?

一応信頼レーザーポインター を持っていますがそのような経験は
ありません、ですが光量が弱いのは電池が劣化してるからではないですか
あと斑みたいに映るのはレンズの汚れかもしれません
綿棒で掃除してみてください、しかし普通は2ヵ月でそのようなことには
ならないはずです、そこで以下の所に心当たりがないか見てください

・落としたりした(発光部分に傷が付くことがある)

・電池を入れっぱなしにした(微弱電流が流れているため電池
の減りが早い)

・発光部分を太陽に向けた(集点によって発光部分が焼けることがある)

・熱いところにのせた(電池が発熱し発光部分を損傷させることもある)

・基盤をいじったことがある(基盤がショートして光量が低下することもある)

・雑な扱いをした(壊れるリスクが高くなる)

・水に入れた(ショートして機能が低下する

人気のレーザーポインターセール

レーザーポインター星観察

http://konomi.me/I0007616

http://川口あんてな.com/matome/732

 

星レーザーポインター 波長の違いはそれほど大きくない

Le 25 août 2017, 02:44 dans Humeurs 0

高い温度のものはその激しい運動で光を出します。実際には我々人間の体温でも赤外線を出しています。
このような熱運動による発光は様々な波長が混じっています。(連続スペクトルという)
見える色が違うのは、温度が上がるほど強度のピークの波長がずれていくからです。6000Kで緑に見えても、それは緑の光が強いだけで他の色も混じってるわけです。

グリーンレーザーポインターの原理は全く別です。特殊な構造の結晶を使って、特定の波長の光を全く同じタイミングで放出します。他の波長の光は全く混在しません。

緑色のレーザーポインタを購入しました。
しかし、明るすぎて使用すると周りから目が痛くなると言われます。
セロテープなどを貼って弱めようとしましたが、逆にポインターとしての機能を果た

さなくなりました。
電池の電圧を変えれば…という意見もあったのですが、USBの充電式でそれも叶いません。
なにか知恵があれば教示いただけないでしょうか。

レーザー彫刻機のレーザー保護についてです。

レーザー彫刻機の購入を考えており(といっても卓上サイズの300mWですが)、使用する際の
レーザーからの保護のため保護メガネ等があったほうが良いかと思うのですが、溶接用のメガネ等
でいいのでしょうか?
勿論直接は勿論見ないですが焼きこみ部分など見てしまうかもしれません。その際の反射光が有害と思っているのですが、やはり保護メガネは必要ですか?

赤色レーザーと緑色レーザーでは正確に求められ
青色レーザーでは大きな誤差が出たということでしょうか?

考えられる原因の1つとしては
星レーザーポインター   波長の違いはそれほど大きくないため
レーザー出力(パワー)の違いが影響していると考えられます
回折の次数 m が高くなるほど回折光は弱くなるため
高次の回折光を観測するためにはレーザー出力を上げる必要があります
つまり、安全レーザーポインター出力が高いほどサンプリング数を多くすることができます

http://www.24liveblog.com/live/1403799

迎撃に必要な1000キロ以上の射程の星レーザーポインター

Le 15 août 2017, 11:51 dans Humeurs 0

アメリカでも今の段階では弾道ミサイル迎撃に使えるような見通しが立たないため、レーザーによる弾道ミサイル迎撃のような計画はないし実験もしていません。

弾道ミサイルの迎撃に必要な1000キロ以上の射程の星レーザーポインター砲なんておそらく20年以上はかかるでしょう。

もっとも今でも迎撃ミサイルSM-3の命中率は70%を超えてきていますので20年も経てばICBMまで確実に迎撃できるように進歩しているでしょう。

高出力レーザーや、スポットライトは横から見てもビームの筋が見えます。

光は何かに反射しないと見えないと思うのですが、何に反射して光の筋が見えているのでしょうか

充分あり得ます。高出力グリーンレーザーペン型 は現状は破壊手段というより、衛星に搭載してICBMの姿勢制御装置に外乱を与え、目標に到達出来ないようにする。案外実用化済みで、手の内を見せないだけかも。
レールガンはyoutubeでも見れますが、高速ゆえ迎撃目標への到達時間の短縮と運動エネルギーの飛躍を期待出来る反面、レールガン弾頭自体を姿勢制御する技術に課題があるでしょう。しかし、これも小型の弾頭を多数同時射出すれば、ICBMの制御を損傷させる位は可能だと思われます。
レールガン/高出力緑レーザーポインター  どちらも、発想を転換してICBMの破壊というより弾道に影響を与えることを考えれば、巨大な電力は必要ないはずです。

ですからレーザーは衛星に搭載し、大気圏外でICBMに照射、減衰は殆どない。そもそもレーザーは減衰が少ない。

ですから、レールガン弾頭を無誘導で済むように、小型のものを多数同時発射する

レーザーポインター

http://zjiayou0811.over-blog.com/

 http://zjiayou0811.seesaa.net/

Voir la suite ≫